お役立ち情報 生活向上

睡眠がもたらす様々なメリット デメリット

こんにちは、たっつんです。

初めての記事なので慣れないですが一生懸命やっていきますのでよろしくお願いします。

今回は睡眠について書いていきます。

皆さんは睡眠についてどうお考えですか?ただ寝るだけ?違います。

人生の1/3は睡眠であると言われています、それだけ人生においてウェイトを占める睡眠について知っておくべきことを綴ります。

積極的に睡眠を摂ることで、自らの体を健康を保って生活を充実させましょう!

下記には睡眠のメリット、睡眠不足のデメリット、また良質の睡眠を摂るための工夫を纏めていきます。

睡眠のメリット

成長を促す

人間の脳みそには眠っている間に成長ホルモンが分泌されます。一般に22時から翌朝2時までが睡眠のゴールデンタイムと呼ばれており、成長期の子供は特に早く寝るのを推奨されるのはこの為です。

昔から「寝る子は育つ」と言うのはこのためです。

思い返すと学生時代に身長が大きく伸びた友人は9時間とか寝ていたと言っていた記憶があります。その友人の身長は中3で180cm、私は173cm。個人差はもちろんあるかもしれませんが、昔からの言い伝えのとおり成長期に十分な睡眠を摂ることは、身体作りにおいても大事なことなのかもしれません。

身体の疲労回復

大多数の人は睡眠に対して「休息」というイメージを抱くかと思います。一般に日中の活動時には交感神経が優位となり、睡眠などのリラックスしている時は副交感神経が優位となると言われています。

交感神経が優位な時は血流や脈拍などが活動しエネルギッシュになり脳や身体を酷使している状態です。対して副交感神経が優位時は、血流や脈拍が穏やかになることで、脳や身体の休息に努めているのです。

よって適切な睡眠を摂ることで身体は回復し明日への活力につながるのです。

免疫力の向上

人間の身体は様々なホルモンでバランスがとられていますが、睡眠不足だとこのホルモンバランスが崩れ、免疫機能の低下に繋がってしまいます。私も両親に小さい頃は「早く寝なさい、風邪ひくよ」と言われたものです。寝ないと病気にかかりやすくなることを両親は知っていたのかもしれませんね。

睡眠が少なくなると病気にかかりやすくなるというデータが実際にあるそうですね。

私も社会に出て数年経ちますが、余程のことがない限り最低6~8時間は睡眠時間を確保しているおかげか、社会人になって風邪をひいたことがなく無遅刻無欠席を記録しています。人間の身体ってすごい。理にかなっているんですね。

記憶の定着及び整理

よく記憶は寝ている間に定着すると言われています。受験期などは寝る前に英単語などの暗記モノをやっていたものです。睡眠で記憶を整理することで長期記憶に役立つと言われています。

また、記憶以外にも、寝ている間に頭の中で物事の整理をさせることで、起きた時とてつもないアイデアをひらめくかもしれません。googleやミシンなども夢の中の出来事からヒントを得られたと言われています。

精神面の安定

身体などの肉体面の話をしてきましたが、精神面でも効果があるようです。睡眠を摂ることで不安感やストレスを低減してくれます。睡眠が十分ではない人はそうでない人に比べ、ネガティブな感情を抱く傾向があるそうなので、ネガティブな感情が渦巻く夜中などはいっそのこと寝てしまいリセットしてしまうことが明日をポジティブに過ごす秘訣だと思います。

寝てモヤモヤした感情は振り払いましょう!

太りにくくなる

睡眠を十分に摂ることで代謝率が向上し、身体の筋肉の回復や栄養の吸収を効率的に行うことができます。筋トレした日などは破壊された筋繊維の修復もよく睡眠を摂ることで早まり、筋肉がつきやすくなり、筋肉が付く=身体の燃焼率が上がる=結果痩せやすくなる(太りにくくなるというわけです)

名言として「筋肉は睡眠中にこそ成長を遂げる」を上げます。

良いことづくめですね。

これまで睡眠がもたらすメリットを紹介してきましたが、次は睡眠不足によって引き起こされるデメリットを紹介していきたいと思います。

2.睡眠不足がもたらすデメリット

集中力の低下

徹夜をしたことがある人は分かると思いますが翌日が悲惨ですね。1日徹夜をすると体調と生活を取り戻すのに一週間かかると言われています。それだけではなく慢性の睡眠不足が募るといきなり心臓を直撃し命を落とす人もいます。

話を戻しますが、睡眠不足により脳の前頭前野の働きが弱まり、思考力や集中力が低下すると言われています。ですので、大事な試験を控えている時などさっさと寝てしまった方が後々メリットがあります。

ミスが増える

集中力が低下によりこちらにも影響があります

アメリカの大学の研究によると

6時間睡眠を10日間続けていると、8時間睡眠の人よりも約4倍ものミスをすることになっています。

ミスの許されない仕事に従事している人は特に睡眠を多くとる必要があるといえます。

キレやすくなる

穏やかな心を保つためには、セロトニンという物質が重要です。 夜更かしをした際は、脳の中のセロトニンが減ってしまいます。そのため睡眠不足の人は攻撃性が増したりイライラ感が強まったりしてキレやすくなると言われています。

さげまん・さげちんを引き寄せる

ある意味一番のデメリットかもしれません。幸福な人生を過ごす上で大切なことです。

上段で述べたように睡眠不足により前頭前野の働きが低下し、いわゆるネガティブモードに陥ってしまい、俗にいうマイナスなさげちんさげまんを引き寄せてしまいます。そういった人は性格が歪みイライラしており、あなたが睡眠不足によりイライラしノロノロ歩いているとさげと遭遇する確率が高まる。

人は自分と似たような性質の人を引き寄せる法則があるという。

こういった不運に見舞われないようしっかり睡眠を摂りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。人間の生活はほぼ睡眠に支配されているいっても過言ではないと思います。学生の時は徹夜などしてもすぐ回復しましたが、ある程度の年齢を重なると回復は遅くなり日常生活に支障をきたします。

人生がうまくいっていない時などは睡眠不足を疑ってみると良いかと思われます。一度生活リズムや寝具を見直してみるとよいのかもしれません。

この記事を見てくれた皆さんの生活向上の一助となれば幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-お役立ち情報, 生活向上