お役立ち情報 勉強法

社会人でも定期的に資格試験を受験したほうがいい理由

みなさんは社会人になり勉強をしていますか?

会社によっては昇進に必要な資格が決まっていたり、業務を遂行する上で必要な資格があったりなど、会社から資格取得が半ば強制されているサラリーマンは多いかと思います。

かくいう私が働く会社にも昇格に必要な資格が数種類設定されており、それをクリアする為に社会人3年目くらいまでは様々な資格を取得するために仕事をしながら勉強してきました。この仕事をしながらってのがなかなか大変ですよね。

「資格だけとっても実務ができなきゃ意味ない」という意見もあるかと思いますが、その前にその人を評価する指標として会社は資格取得状況を見るというのも事実です。例えば同じ社会人スキルを持つ二人が居て、一方は資格が無く一方は資格があるという状況では資格がある人が評価されやすいということもあります。

もちろん資格が重要視される会社では資格が多くあれば昇進が早くなるなどのメリットがあるでしょう。

そこで今回は、社会人になっても資格試験を定期的に受験するメリットなどを説明していこうと思います。

頭の体操になる

学生時代には、学校という いい意味で強制的にインプット・アウトプットする場がありました。

ですが、社会人ともなると日々の仕事に追われ、何か目標を持って勉強する機会が減りがちです。

仕事の勉強は最初のうちはするかもしれませんが、数年経ち仕事にも慣れ勉強せずにいると、脳も刺激を得られません。

そこで何か資格取得という目的意識を持ち日々を過ごすことで、刺激にも繋がり脳のパフォーマンスの向上にも繋がると思います。

集中力が身に付く

社会人は学生時代ほど時間がありません。

通勤電車内、帰宅語の自由時間などのわずかな時間で勉強し、期間までに合格点に到達させなければなりません。

そうした限られた時間で効率よく知識を取得するためには、時間を決め集中して勉強しなければなりません。

それを数か月も続けていれば少なからず集中力も向上し、その集中力は仕事にも役立つことでしょう。

忍耐力が身に付く

時間が無いなかで、仕事後の疲れた体を奮い立たせ必死に資格取得に向け頑張るというのは忍耐を鍛えられます。

また試験勉強頑張っているんだという自信にも繋がるでしょう。自信は仕事上でも良い効果があります。

注意点として仕事に差し支えない程度の努力にとどめましょう。

試験慣れする

個人的に定期的に受験する理由はこれが大きいと思います。

学生時代の受験も、本命前に滑り止めを受けるといいというのは、試験の雰囲気に慣れプレッシャーを最小限にとどめることで本来の実力を出せるという理由が一つあります

これと同様に、本命の難関資格を受験する前に、比較的簡単な(回数が多い)試験を定期的に受験し試験慣れしておくとよいのです。

本番では試験の雰囲気に飲まれてしまい、普段なら解けるのに本番で焦ってミスしてしまうこともある為この方法は有効です。

一般的に宅建といった難関国家試験などは年一回しかありません。

しかし簿記3級やFP3級など比較的門戸が広い資格は年3回など腕試しとしては受験しやすいため、時間に余裕があるならこれらで試験慣れしておくとよいでしょう。

もちろん業界により、資格の難易度があり、基本資格→上位資格といくのが自然です。いきなり上位資格を受験するのではなく、まずは簡単な資格を受験し慣れて自信をつけていきましょう。

いかがでしたでしょうか。

時間がない社会人ですが、逆に周りと差をつけるチャンスと言えます。

時間が無いのは皆同じ、そこでどう時間をやりくりし結果を出すかは社会人で大切な能力と言えます。

自分の未来の為にも自分への投資と考え頑張りましょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-お役立ち情報, 勉強法