お役立ち情報 仮想通貨

bitFlyerの口座開設のやり方を解説!

昨年くらいから、テスタモーターズCEOのイーロン・マスクの発言により、仮想通貨の価値が注目されてきました。

仮想通貨を購入する場合には、その仮想通貨を取り扱う取引所を開設しなければなりません。

そこで今回は、国内でも人気の高い取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)の開設方法を、登録から買い方まで解説していきたいと思います。

bitFlyerとは

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、国内最大級の仮想通貨取引所です。

bitFlyer開設まで

私はIphoneアプリで作成しましたので、アプリ版で説明していきたいと思います。

まずはアプリをダウンロードします。

Google storeやApple storeでビットフライヤーと検索すると出てきます。

登録までの流れは簡単には以下の通りになります。

口座開設までのフローチャート
①メールアドレスの登録

②パスワードを設定する

③個人情報を登録する

④本人確認の種類

上記を順に説明していきたいと思います。

①メールアドレスの登録

まずアプリを開いて、メニュー画面にアカウント作成があるのでクリックし、任意のメールアドレスを入力します。

すると入力したメールアドレス宛にメールが届くので

記載の赤枠のURLをクリックしパスワードを登録します。

②パスワードを設定する

上記のリンクからパスワード設定ページに遷移します。

パスワードはアルファベット大文字小文字数字を組み合わせ9文字以上でないとなりません。

ここで入力したパスワードはログイン時に使用しますので、大切に保管しておきましょう。

入力が完了したら設定するをクリックします。

すると各種同意事項について同意することを要求されるので、よく項目を読み同意するをクリックします。

二段階認証について

次は二段階認証を設定します。

これは素直に携帯電話のSMSを受け取るを選択し、携帯番号を登録します。

すると、すぐにSMSにコードが届くので、確認コード欄に入力し認証しましょう。

③個人情報を登録する

すると基本的な個人情報を指示に従い入力していきます。

具体的には生年月日、住所、などを入力します。

入力が完了し問題が無ければ登録するをクリックしましょう。

すると本人確認提出を要求されるので、続けて本人確認資料を提出するを選択します。

④本人確認書類の提出

アプリ版はクイック本人確認というサービスがあります。

これは本人確認書類と顔の写真・動画撮影をするだけでオンラインで本人確認が完了する方法です。

↓以下必要な本人確認書類になります。

必要な本人確認書類

①運転免許証

②個人番号カード(マイナンバーカード)

③在留カード

のいずれか一点

本人確認書類と撮影した顔が一致すれば当日中には完了し、その日の内から取引が可能になります。

基本的にはこのやり方が一番楽です。

アップロードする書類を選択します。

次にスマホで提出する書類を撮影します(裏表両面必要)

これは説明が表示されますのそれに沿って行います。

次にインカメラで顔を撮影します。

要求されるのは正面写真横向きです。

撮影するときは枠に収まるようにします。

以上で提出が完了となります。

早ければ当日には使用可能になります。

入力は丁寧に解説がありますので特に迷わないと思います。

まとめ

今回はビットフライヤーの開設を4ステップで簡単にまとめてみました。

ビットフライヤーは取り扱う仮想通貨も他の取引所と比べ多く、魅力的な取引所と言えます。

メタバースの発展が予想されるので、仮想通貨市場は今までよりも発展していくと思います。

ここまで見てくれてありがとうございました!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-お役立ち情報, 仮想通貨